野村不動産マスターファンド投資法人

証券コード:3462

  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. 国際イニシアティブ・外部認証

国際イニシアティブ・外部認証

PRI・UNEP FIへの署名

本投資法人の資産運用会社である野村不動産投資顧問株式会社は、運用資産の持続的な価値向上のためには、ESGに配慮した運用が不可欠と考え、2017年12月に国連がサポートする「責任投資原則(PRI)」及び「国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)」に署名致しました。

詳細はプレスリリースをご参照ください。
資産運用会社による「責任投資原則(PRI)」及び「国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)」への署名に関するお知らせPDF(211KB)

気候変動イニシアチブ(JCI)への参加

本資産運用会社は、気候変動対策に積極的に取り組む日本の企業や自治体、団体、NGOなど、国家政府以外の多様な主体(non-state actors)のネットワークである「気候変動イニシアチブ(JCI:Japan Climate Initiative)」に参加しています。

JCIの詳細についてはこちらをご覧ください。

「GRESBメンバーシップへの加盟」

GRESBとは
GRESBとは、不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を測る年次のベンチマークで、国連の責任投資原則を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に2009年に創設されました。
GRESBにおける評価は、個々の不動産を対象としたものではなく、不動産会社、REITや不動産私募ファンドごとのサステナビリティへの取組みを評価することが特徴です。
2018年のGRESB調査には903の不動産会社とファンドが参加し、その保有資産は64か国の79,000物件、資産額にして総計3兆6000億米ドル(約396兆円、1米ドル=110円で換算)に上ります。

GRESBの詳細についてはこちら(英語版HP)をご覧ください。

GRESBメンバーシップへの加盟
本資産運用会社は、投資運用業において高まるESGの重要性に対し運用会社として応えていく必要性に鑑み、GRESBメンバーシップ(GRESB Real Estate/ COMPANY & FUND MEMBER)に加入しました。国際的なイニシアティブのメンバー企業となり、ESG先進企業とのネットワーク、情報共有、日本における事例の紹介等の活動に参加することを通じて、サステナビリティ向上に取り組んでいきます。

gresb_re_sector_leader

GRESB評価結果:「Global Sector Leader」について
本投資法人は、2018年のGRESB評価において上場・総合型セクターで世界29社中1位(「Global Sector Leader」)という結果を収めることができました。

gresb_re_sector_leader

GRESBリアルエステイト評価:「Green Star」・「5 Star」
本投資法人は、環境配慮やサステナビリティ課題に関して「マネジメントと方針」及び「実行と計測」の両側面で優れた取り組みを実践している参加者に与えられる「Green Star」を、3年連続で取得しました。また、総合スコアの順位により5段階で評価されるGRESBレーティングとしては、昨年に続き2年連続で最上位の「5 Star」となりました。

  • GRESB
  • 本投資法人の評価の要因になったと考えられるものは以下の通りです。
    ・ガバナンスに関する社内体制の強化
    ・エネルギー消費量などのモニタリング範囲の拡大
    ・グリーンビルディング認証などの積極的な取得

GRESB開示評価:「A」
本投資法人は、環境配慮やサステナビリティの取組みに関する情報開示が優れていることが評価され、2017年より導入されたGRESB開示評価において5段階のうち最高水準となる「A」の評価を、2年連続で取得しました。

GRESB

ポートフォリオのグリーン化

基本方針
本投資法人は、気候変動に代表される環境課題の解決が本投資法人の持続的な事業とその実現に向けた事業戦略において重要な経営課題であると認識しています。 こうした認識のもと、本投資法人は、低環境負荷物件への投資と、保有物件における環境・省エネルギー対策等の運用を通じたエネルギー利用の効率化に取組み、低環境負荷ポートフォリオの構築を目指しています。

目標(KPI)
保有物件のグリーン認証取得割合を2030年度までに70%へ向上(延床面積ベース)

グリーン認証とは、DBJ Green Building認証、BELS、CASBEE等のいずれかの認証を取得した物件の割合を指します。
底地物件を除く保有物件をベースとし、延床面積をベースとします。

環境認証
環境認証の取得割合

物件数 延床面積(㎡) 比率
環境認証取得物件 85 1,494,413.83 67.3%
DBJ Green Building認証 76 1,357,143.30 61.1%
BELS評価 19 419,436.03 18.9%
(※1) 取得状況は、2019年6月28日時点の数値を記載しています。
(※2) 底地物件を除く保有物件を元に算出しています。
(※3) 該当物件の持分割合を乗じた面積、もしくは専有部分の面積を元に算出しています。
(※4) 環境認証取得物件数には、武蔵浦和ショッピングスクエアで取得している「CASBEE不動産」認証を含みます。

DBJ Green Building認証の取得
DBJ Green Buildingは、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が、環境・社会への配慮がなされた不動産を支援するために創設した認証制度です。環境性能のほか、利便性、快適性、防災・防犯、省エネ、地域とのかかわりなどを含めて評価され、評価結果は5段階(5つ星★★★★★~1つ星★)にて表示されます。

DBJ Green Building認証

DBJ Green Building認証の取得状況

本投資法人では、以下の物件で認証を取得しています。

DBJ Green Buildingの詳細についてはこちらをご覧ください。

BELSの取得推進
BELS(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)とは建築物省エネ法に基づき、「非住宅建築物の省エネルギー性能を評価する」公的制度です。国が定める建築物エネルギー消費性能基準に基づく一次エネルギー消費量から算出されるBEI(Building Energy Index)の値によって評価されます。
新築建物、既存建物に関わらず様々な尺度を基に第三者機関が省エネルギー制度の評価を行い、その結果は星の数(★1つ~★5つ)により表示されます。

BELSの取得状況

本投資法人では、以下の物件が認証を取得しました。

このページの先頭へ