野村不動産マスターファンド投資法人

証券コード:3462

  1. ホーム
  2. IR情報
  3. ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

情報開示の基本方針

本投資法人に係る情報開示に際しては、法令等の要請する内容及び様式に従って、迅速かつ正確な開示を行います。また、情報の公平性及びわかり易さに配慮し、ウェブサイトを活用するなどして、法定開示以外の内容又は方法での情報の開示も積極的に実施します。

情報開示体制

本投資法人の資産運用会社である野村不動産投資顧問株式会社は、本投資法人の資産運用に係る業務を行うにあたり遵守する「資産運用ガイドライン」を定めています。本資産運用会社は、「資産運用ガイドライン」に定める開示方針に従い情報開示を行っており、また当該ディスクロージャーに係る事項は本資産運用会社のNMF運用グループファンドマネジメント部が担っています。
NMF運用グループファンドマネジメント部は、本投資法人の情報開示に当たり、開示内容の正確性及び公平性につき、重要性に応じコンプライアンス・オフィサーの事前の確認を経るものとし、最終的にNMF運用グループ統括部長の確認を経てこれを行います。

情報開示の基準

本投資法人は、以下の法令等に則り、情報開示を行います。
①金融商品取引法、投資信託及び投資法人に関する法律、その他の法令並びにこれらに関する規則、政令及び条例等
②株式会社東京証券取引所その他の自主規制機関等が制定する規則等
③本資産運用会社が定める規則、規程、ガイドライン等
また、上記に該当しない情報であっても、投資主の皆さまの投資判断に影響を与えると思われる情報についてはできるだけ迅速、正確かつ公平な情報開示に取り組みます。

情報開示の方法

金融商品取引法等の関係法令又は東京証券取引所の定める有価証券上場規程等で開示が定められている項目につきましては、金融庁の電子開示システム(EDINET)、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)、報道機関、本投資法人のウェブサイト等を通じて開示いたします。
また、東京証券取引所の定める有価証券上場規程において適時開示を行うことが定められた事項に該当しない情報を開示する場合も、適時開示の趣旨を踏まえた適切な方法によりできるだけ迅速、正確かつ公平に開示いたします。

IR活動

IR年間スケジュール

IR活動

直近スケジュール

直近スケジュール

国内外の機関投資家向け活動
・毎年4月、10月 アナリスト・機関投資家向け決算説明会
・プロパティツアー開催
・国内/海外投資家個別IR実施

個人投資家向け活動
・ARES主催 個人投資家のためのJ-REITフェア参加
・各証券会社主催 個人投資家向けJ-REITセミナー参加
・資産運用報告書同封にて投資家様向けアンケート実施
・投資主総会開催時の運用状況報告会

このページの先頭へ