野村不動産マスターファンド投資法人

証券コード:3462

  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. ESGに関する情報開示の方針・報告の枠組み

ESGに関する情報開示の方針・報告の枠組み

情報開示方針

本サイトは、本投資法人及び本投資法人の資産運用会社である野村不動産投資顧問株式会社のESGに対する考え方や取り組みについて、ステークホルダーの皆さまにご理解いただくことを目的として制作しています。国際的なESGに関するフレームワークや投資家・評価機関からの要望を踏まえて、期待される情報を開示することに努めています。

報告範囲・期間、更新時期

報告範囲:野村不動産マスターファンド投資法人及び野村不動産投資顧問株式会社(資産運用会社)(注1)
報告期間:2017年度(2017年3月~2018年2月)(注2)
更新時期:原則、毎年6月

(注1) 野村不動産投資顧問株式会社の従業員は、一部を除き、野村不動産株式会社からの出向となることから、野村不動産グループの一員として取り組んでいるもの(人材戦略等)については、野村不動産ホールディングス株式会社の取組み内容を報告する場合があります。
(注2) 別に期間及び時点を定めるものを除きます。

参考にしたガイドライン

本投資法人は、ESGに係る方針及び取組みの報告にあたり、GRI(Global Reporting Initiative)が発行するGRIスタンダードを参照しています。
※GRIスタンダード対照表はこちらをご覧ください。

ESGに関する問い合わせ窓口

ESGに関するお問い合わせは、以下のお問い合わせ先までお願いいたします。

資産運用会社 野村不動産投資顧問株式会社
電話番号 03-3365-8767
E-Mailアドレス nmf3462@nomura-re.co.jp
受付期間 9時30分~17時30分(土・日・祝祭日を除く)
このページの先頭へ