Environmental Performance

環境パフォーマンス

環境パフォーマンス

グリーン認証取得割合

目標(KPI)

保有物件のグリーン認証(3★相当以上)取得割合※を2030年度までに70%まで向上させることを目指します。

  • ※グリーン認証(3★相当以上)とは、DBJ Green Building認証3★以上又はBELS認証3★以上又はCASBEE不動産B+以上をいいます。
  • ※底地物件を除く保有物件をベースとし、延床面積をベースとします。

環境認証の取得割合

この表は左右にスクロールできます。

物件数 延床面積(㎡) 比率
グリーン認証(3★相当以上) 72 1,380,916.05 56.8%
グリーン認証 79 1,399,414.34 57.6%
DBJ Green Building認証 69 1,282,788.59 52.8%
BELS評価 46 923,780.47 38.0%
(※1) 環境認証取得物件数には、武蔵浦和ショッピングスクエアで取得している「CASBEE不動産」認証を含みます。
(※2) 取得状況は、本日時点の数値を記載しています。
(※3) 底地物件を除く保有物件を元に算出しています。
(※4) 該当物件の持分割合を乗じた面積、もしくは専有部分の面積を元に算出しています。

温室効果ガス(GHG)排出量

目標(KPI)

2050年度までに温室効果ガス(GHG)排出ネットゼロ

2030年度までに温室効果ガス(GHG)排出総量を80%削減(2019年度基準)

実績推移

この表は左右にスクロールできます。

  単位 2019年度
(基準年度)
2021年度 2022年度 2023年度 2030年度
(目標年度)
温室効果ガス(GHG)排出量 t-CO2 111,795 93,180 108,184 91,723 1
Scope 1 t-CO2 1,598 1,358 1,289 1,196 10
Scope 2 t-CO2 24,125 19,637 22,047 18,379 11
Scope 3 カテゴリー13(テナント管理資産に係る燃料・電気)※ t-CO2 86,072 72,185 84,848 72,148 12
GHG排出量 削減率(2019年度比) % - -16.7% -3.2% -18.0% ▲80.0% 2
GHG排出量(原単位) ※参考 t-CO2/㎡ 0.0459 0.0350 0.0405 0.0404 3
GHG排出量(原単位) 削減率(2019年度比) ※参考 % - -23.8% -11.9% -12.1% 4
エネルギー消費量 Kl 62,446 58,193 59,321 52,115 5
エネルギー消費量 削減率(2019年度比) % - -6.8% -5.0% -16.5% 6
各年度ごとに集計対象とする物件を通年保有に変更したこと等に伴い、過去に遡って修正しています。
Scope 3(カテゴリ13)はテナントリース資産(下流)部分に由来する排出量を対象としています。
各種数値の算定基準は、こちらをご覧ください。
排出係数は主として各契約電気事業者の排出係数の増減によります。

水消費量

目標(KPI)

ポートフォリオの水における床面積当たり消費量(原単位)を2030年度までに10%削減(2016年度基準)

実績推移

この表は左右にスクロールできます。

  単位 2016年度
(基準年度)
2020年度 2021年度 2022年度 2023年度 2030年度
(目標年度)
水消費量 777,209 549,879 519,153 622,090 683,268 1
水消費量原単位 ㎥/㎡ 0.665 0.464 0.456 0.543 0.582 2
削減率 - ▲30.3% ▲31.5% ▲18.3% ▲12.5% ▲10.0% 3

廃棄物重量

実績推移

この表は左右にスクロールできます。

  単位 2016年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
廃棄物重量 Kg 5,825,674 5,065,665 4913502 5,128,652 6,037,563 1
廃棄物重量原単位 Kg/㎡ 9.01 6.74 6.80 7.15 8.44 2
  • ※2022年度まで:集計期間は4月~3月、2023年度:集計期間は3月~2月