野村不動産マスターファンド投資法人

証券コード:3462

  1. ホーム
  2. IR情報
  3. FAQ

FAQ

投資証券について

証券コードは何番ですか。
3462です。
投資証券はどこで買えますか。
株式と同様に、東京証券取引所で取引されていますので、お近くの証券会社を通じて購入や売却をすることが可能です。また、インターネット証券での売買も可能です。
何口から買えますか。
1口から購入できます。
分配金の予想を教えてください。
IR情報内の「分配金」をご覧ください。
決算発表及び分配金支払いスケジュールを教えてください。
本投資法人の決算日は、毎年2月末日と8月末日であり、決算発表は、決算日の45日後の4月中旬と10月中旬を予定しています。また分配金につきましては、2月末日の確定分に関しては5月に、8月末日の確定分に関しては11月にそれぞれお支払いする予定です。
IRカレンダーをご覧ください。
いつ時点の投資主が分配金をもらえるのですか?
権利確定日(決算期日)の3営業日前(権利確定日当日は含まない)までに投資口を保有していれば、当該期の分配金が支払われることになります。
※権利確定日が営業日でない場合には、前営業日が権利確定日として日数計算します。
投資主総会のスケジュールを教えてください
本投資法人は規約により、2年に1回以上開催しております。「投資主総会」をご覧ください。
投資口に関する諸手続きの方法について教えてください。
IR情報内の「投資主の皆様へ」をご覧ください。

投資・運用方針について

本REITの特徴を教えてください
投資法人の特徴をご覧ください。
野村不動産グループのバリューチェーンについて教えてください。
投資法人の特徴内の「野村不動産グループのバリューチェーン」をご覧ください。
正ののれんの概要と取扱いについて教えてください。
投資法人の特徴内の「正ののれんへの対応」をご覧ください。
どの程度の頻度で鑑定評価を取りなおしますか?
原則として、決算期ごとに新たに鑑定評価を行っており、各種公表資料において開示致します。
地震リスクへの対応は、どう考えていますか?
本投資法人は、物件選定基準として、原則として新耐震基準適合又はそれと同水準以上の耐震性能を有し、PMLが20%未満であることを基準とします。
かかる基準を満たさない場合であっても、耐震補強工事を行ってかかる基準を満たすことが可能であり、かつかかる工事の費用を加えた上でも十分な収益性が見込め、本投資法人のキャッシュフローへの影響が軽微である場合には投資を行うことができることとします。
また、PML値が15%以上の物件については、火災保険及び利益保険の特約として地震保険を付保することとしていますが、現在本投資法人の保有する物件は全て新耐震基準に適合しており、またPML値においても15%を超える物件は保有していないため、地震保険は付保しておりません。
格付けの取得状況について教えてください。
財務情報内の「格付情報」をご覧ください。

投資法人について

執行役員及び監督役員の略歴を教えてください
役員の状況をご覧ください。

資産運用会社について

資産運用会社について教えてください
本投資法人の資産運用会社は、野村不動産投資顧問株式会社です。同社は、不動産投資法人の資産運用のために野村不動産株式会社の全額出資により、2003年1月に設立されました。
野村不動産投資顧問株式会社のHPサイトをご覧ください。
野村不動産投資顧問株式会社の経営陣の略歴を教えてください
有価証券報告書をご覧ください。

合併について

合併に関するお問い合わせ
Top Page内の「合併に関するお知らせ」をご覧ください。
合併による端数投資口処分代金は、確定申告が必要ですか?
必要です。
申告方法等に関しましては、税務署へお問い合わせください。
このページの先頭へ